読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資家の馬券

週1本のみ重賞で買う私の馬券を公開!

オークス本命と穴候補

比較的、荒れないG1。2桁人気からは過去10年で1頭しか来てません。

 

近5年の脚質を見てみると初角4番手以内で先行した馬は総崩れ。
つまり流れ込みは通用せず、早い上がりを繰り出せる馬を狙うというのがオークス攻略のセオリーです。

 

長い直線、瞬発力が問われるとあって好走馬15頭中、14頭が父サンデー系。
残り1頭も母父がサンデーです(キンカメxSS)

と言ってもその殆どがディープ産駒。
ディープ産駒1頭しか出走していなかった14年を除くと毎年2頭馬券、しかも毎年連対。

6人気以内に支持されているディープ産駒を買えば当たる、というのが近年の流れです。

今年はディープ産駒からフローレスマジック・ブラックスビーチ、そしてディープブリランテ産駒のディーパワンサが登録。
人気面から見ると前2頭が該当、スイートピーS組を軽視すると残るは1頭となります。

 

フローレスマジックは母系からも血統面文句なし。ダービー馬キズナと同配合、全姉にラキシスの良血馬。
ですが、脚質面と決め手にやや不安があります。

<戸崎に乗り替わった近2戦>
クイーンC 8番手 上がり4位
フローラS 3番手 上がり6位

ここまで6戦して勝ったのは未勝利戦のみ、完成度にもやや欠けている印象。
オークスが自己条件と割り切って本命を打つにはジョッキーを含め微妙なところです。
(ただし戸崎は4年で3回馬券)

 

一方でサンデーの血が入らない馬から、
人気どころでソウルスターリング、モズカッチャンが出走します。

2頭を即消しという事ではありませんが、
モズカッチャンはフローラSで当日と同じ1枠1番から爆発的な末脚を見せましたが、外枠優勢の今回は閉じ込められた印象が強いです。
それも非社台生産馬という政治面が働いているようにも見えます。

 

人気の一角アドマイヤミヤビですが、
2走前のクイーンCでNHKマイルを制したアエロリットを上がり最速で完封したことから人気は落ちません。
前走の敗因は馬場というコメントが出てますが、この手の馬に本命を打つのは長い目で見るとハイリスクに過ぎません。

 

本命候補ですが人気でもリスグラシューを考えてます。

デビュー時から抜群の安定した末脚と戦績、キャリア2戦目の驚異のスピード、ノーザンF生産馬、外枠、府中実績、府中2400の特注とも言えるネヴァーベンドの血、
今回の出走馬の中で買い要素がダントツに揃っています。

問題は買い目となりそうですね。
(買える範囲なら複勝でいきます)

 

穴候補として血統面なら忘れな草賞の勝ち馬ハローユニコーンは魅力です。

父・母母父はリスグラシューと同じハーツクライにネヴァーネンド系ですが母父ヌレイエフも特注です。
14年の勝ち馬、同配合のヌーヴォレコルトをを初め、デニムアンドルビーヴィルシーナも内包してました。

エリート王道ローテの桜花賞組での決着というのは中々あるものではありません。
別ローテの馬が1頭ないし2頭入るのがオークス

そういう意味でも、フローラS組をはじめ忘れな草賞組、スイートピーS組からディープ産駒のブラックスピーチまで馬券の視野に入れておきたいレースです。

 

応援クリック宜しくお願いします⇒人気ブログランキング