投資家の馬券

週1本のみ重賞で買う私の馬券を公開!

エプソムC メイS組は不安&注目馬

メイS組(0-1-0-17)

非常に低調な成績ですが、今年は人気馬を含めごっそり出走してきます。
アストラエンブレム・タイセイサミット・クラリティスカイヒストリカル・バーディーイーグル・ナスノセイカン。

メイS組から好走馬が1頭しか出ていないのはレベルはもちろん、そもそも当日人気になる馬が少なかったからですが、それより気になる材料として間隔が挙げられます。
中3週以内(0-2-0-39)

蒸し暑いこの季節、間隔は重要なんじゃないかと。

更に今年のメイSはスローの瞬発戦、4番手以内の決着で、同舞台とはいえ例年のエプソムCの淀みない流れとはレース質が真逆です。
ましてや今年のメンバーは逃げ・先行馬多数、波乱決着も十分考えられます。

ちなみにデンコウアンジュのヴィクトリアMもスローの瞬発戦でした。


本命は別路線から選びたいところ。


安田記念は6歳以上馬中心のレースですが、
当レースは衰えが見え始めてる安田記念に出走できなかった6歳以上の高齢馬にチャンスは殆どありません。
6歳以上(1-2-7-78)

秋のG1戦線へ賞金狙いで参戦する4・5歳馬中心のレースです。
4歳(7-5-2-20)

5歳(2-3-1-41)

6歳以上馬は少なくとも、近1年以内にG1出走歴、あるいはG2連対といった、
衰えを見せていない実績が欲しいところ。

パドルウィール G2金鯱賞2着
フルーキー   昨年のエプソムc2着
マイネルミラノ G3函館記念1着
ヒストリカル  秋天8着(昨年のエプソムc6着)

この4頭が6歳以上馬では強調できる実績。


昨年は外枠決着でしたが過去10年、勝ち馬の殆どが内枠(1桁馬番)。
馬番1~8(8-5-5-62)

そして近5年、2番手以内の先行馬が毎年馬券。
逆に最終角12番手以下からの追い込みは1度も決まってません。


<非メイS組の4・5歳馬 内から>
デンコウアンジュ 牝4
マイネルハニー 4
11ベルーフ 5
12ダッシングブレイズ 5

<前目で競馬しそうな馬>
マイネルミラノ
マイネルハニー
クラリティスカイ
タイセイサミット
パドルウィール


現時点での注目馬はマイネル2騎。

ハニーは休み明け、ミラノは58k&7歳とどちらも不安材料はありますが、
特にミラノは血統を含めた季節適性に魅力です(ステゴxダンチヒ

ミラノ自信、6・7月の梅雨時の成績は(3-1-1-1)

 

 

人気ブログランキング

広告を非表示にする