投資家の馬券

週1本のみ重賞で買う私の馬券を公開!

札幌記念予想

マウントロブソン

◯アングライフェン

サウンズオブアース

エアスピネル

f:id:tousika_m:20170820151905j:image

f:id:tousika_m:20170820151908j:image

 

広告を非表示にする

関屋記念予想

今回、逃げ馬マルターズアポジーを含め先行馬が多数出走してくるが、差し決着なら諦めろというレース。

先行力・ダンチヒ内包、期待値という意味でこの2つが狙いの条件。

今年該当する馬はヤングマンパワーとウインガニオンの2頭。

自分の中で本命は1/2

ウインガニオンは前走圧巻の内容。ただし追い切りに不安、反動の可能性も。

ヤングマンパワーは前走安田で大敗しているが格上の58k、そして昨年の勝ち馬であり、一昨年3歳時3着と適正文句なし。更に人気急落でここは買いの一手とこちらを本命に。

ヤングマンパワー

○ウインガニオン

▲メートルダール

☆ダノンリバティ

 

馬券は1本

f:id:tousika_m:20170813150525j:image

 

広告を非表示にする

小倉記念予想

◎フェルメッツア

当レース特注グレイソヴリンの血。

カフジプリンス、クランモンタナとの3択から近況と総合で。

 

f:id:tousika_m:20170806132224j:image

f:id:tousika_m:20170806132229j:image

 

広告を非表示にする

アイビスSD予想 クイーンS

不気味ではあるが久々&58kのネロ以外、人気順当での決着もあるように見える。が、そんな時こそ荒れるのが競馬でもあり、血統的に魅力な大穴2頭を加えて。

アクティブミノル

◯レジーナフォルテ

▲フィドゥーシア

☆ラインスピリット

穴ナリタスターワン

レヴァンテライオン

 

20パーほどクイーンSも買います

◎アエロリット

◯クロコスミア

 

f:id:tousika_m:20170730132658j:image

f:id:tousika_m:20170730132720j:image

f:id:tousika_m:20170730132736j:image

f:id:tousika_m:20170730132751j:image

f:id:tousika_m:20170730132804j:image

 

中京記念不的中 アイビスSD本命候補2頭

サマーシリーズに入り軸ズレの連発で的中を拾えません。

中京記念は血糖評価1位ウインガニオン(ステゴxダンチヒ系)の脚質を嫌って押さえ評価としましたが、荒れてるインを付いての押し切り勝利

連勝中の勢いも含め5人気なら重い印を打たなければいけない馬でした。

単勝5人気ですが複勝は7人気、人気2頭が馬券になったため280円という低配当でしたがそれでも当てるのと外すのは天と地。

投資を抑えてでも地味に流れを取り戻しにいくしかありません。

 

今週も日曜は2重賞ありますが、アイビスSDで勝負します。

牝馬は当然注目ですが牝馬3頭での決着の可能性はほとんど無いわけで、むしろ牡馬の選択がポイントとなります。

 

・馬が若い(キャリア含む)

・前走1200

・長期休養明けではない

 

毎年この条件を第一に考察を勧めてますが、牡馬と牝馬の注目馬を挙げときます。

牡馬 アクティブミノル

牝馬 レジーナフォルテ

枠順次第でどちらかを本命にする予定です。

函館記念不的中

まさかの外枠決着、そして最終角3番手以内で馬券を独占。
結果的に大波乱となりましたが馬場の影響もありましたね。

無印3頭の決着で、馬連351倍 3複1520倍 3単9153倍

1着ルミナスウォリアーの父はサドラー系
大波乱を演出したタマモベストプレイ、ヤマカツライデンは春天から大幅の距離短縮。

今更ながら納得の結果とも言えます。

本命アングライフェンの複勝で勝負しようか迷ってましたが結果的に4着なので、
特に悔しさも残らない一戦でした。

ただ宝塚での勝利から3連敗、いただけません。


明日は重賞2つありますが中京記念で勝負します。

こちらもハンデ戦、過去の傾向からして波乱必至で非常に厄介な重賞の1つです。


外枠の差し・追い込み馬を狙うのが一つのセオリーですが、
該当馬が1人気のブラックムーンくらいしか見当たりません。

波乱必至、それも1,2人気が新装後の過去5年で1度も絡んでいないレースでハイリスク。
スタミナ必要不可欠で父アドマイヤムーンというのも何とも微妙。

先週の流れから距離短縮で挑むワンアンドオンリーなんかは不気味なんですが、
トップハンデの想定以上の人気(4人気)では・・・。

血糖的に魅力な馬はステゴxダンチヒニジンスキー)のウインガニオンですが、
そこそこのペースで流れそうな今回は見送ろうかと。

中穴ダノンリバティ・グァンチャーレあたりで行くか、
思い切って人気のない内枠の差し・追い込み馬を狙うか。

いずれにしても難解ですね。

現時点ではキンカメ産駒のダノンリバティ。

 

 

 

広告を非表示にする